モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 住吉神社のだんじり 宮入 (神戸・東灘)

<<   作成日時 : 2013/05/09 17:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

住吉神社の地車(だんじり)の宮入を見に行った日から、あっという間に4日過ぎた。
今頃写真をアップするのは、なんと言うか、旬を逃した感じがしないでもないけれど、僕は住吉のだんじりを見たのがずいぶん久しぶりだったので、頭の中にまだ宮入の興奮の余韻が残っている。
なんといっても、観客の数がとても多かった。
警備の人数もすごかった。
昔、こんなに多かったか?

僕も、住吉のだんじりがある地区で生まれていたなら、きっと若い頃にはだんじりに乗りたいと憧れただろう。
残念ながら、住吉町とは言っても高度成長期に造成された山の中の住宅地に引っ越してきた新参者で、昔からの住吉の市街地地域からは、地理的には少し離れていた。
住吉町でありながら小学校区は御影側、中学校区は住吉側と行政から変則的な扱いを受けている地区だった(昭和40年代半ばまで。現在は違う)。
僕は、小学校の低学年の時に引っ越してきたのだけれど、上記のことがあり、住吉との繋がりがほとんどなかった。
小学生の頃は、御影へは遊びに行っても、住吉の町には友達がいないので足を向けたことがなかったのである。
したがって、住吉の町のことも住吉神社のだんじりのことも、中学生になるまでまったく知らなかったのだ。

だから、初めてだんじりの練りを見た時は、ショックを受けた。
だんじりから放出されるエネルギーは、熱狂と一体感が生み出す。
僕は、見ている側もだんじりのエネルギーの場に巻き込まれることに感動した。
すごいものがあるんやなあと驚いたのである。

神社名は、正式には本住吉神社である。



  昭和レトロな街並みと渡船体験ミニトリップ
     大正区写真撮影実習コース
     ↑     ↑     ↑
 ただいま、参加者募集中です。詳しくはこちらをご覧ください。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
住吉神社のだんじり 宮入 (神戸・東灘) モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる