モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 記憶の町 灘南の写真2

<<   作成日時 : 2012/01/21 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今回も前回に引き続き、2002年の灘南通の写真。
鳥居が、阪神淡路大震災で被災して壊れたまま残っていた。
現在は修復されている。
昔、紙芝居屋がやって来ると、子どもたちは神社の石段に集った。
僕たちの頃は既に色々なテレビアニメが放送されていたが、
それでもまだ紙芝居は楽しみのひとつであり、子どもの社交場
なのであった。

最近、このブログの写真もデジタル撮影が多くなってきたが、
前回、今回共、銀塩モノクロームの紙焼きをスキャンしたものだ。
銀塩モノクローム撮影で僕が使っているのは、コダックのフィルムだ。

そのコダック社が経営破綻したというニュースをWEBで見て、
まず頭をよぎったのは、モノクロームネガフィルムのトライ-X
(TRI-X 400 FILM 400TX)の今後の供給動向についてだった。
モノクロームフィルムの需要は、非常に少ないかもしれないけれど、
今後もトライ-Xの製造、供給を続けてくれることを願っている。

いつだったか「脱銀塩」とこのブログで書いたけれど、
僕は今も銀塩が好きであることに変わりはない。

しかし、銀塩とデジタルのどちらが優れているかなどという比較は、
意味がない。
銀塩はフィルムも印画紙も水をくぐるが、デジタルは水をくぐらない。
銀塩は銀粒子を持つが、デジタルは持たない。
撮影画像の記録媒質もプリント原料も異なるのだから、質感も違い
があるのは当然で、そんなところでヤイヤイ言っても不毛である。
デジタルでも銀塩でも、写真を撮ることに何ら違いはない。
写真とは何か、を究めていくことの方が意義がありそうだ。
僕は、今、デジタルもまあまあ好きで、あいかわらず銀塩写真も
好きなのである。

灘南の話だったはずが、なんだか違う方向にそれてしまった。
しかも以前と同じような話を繰り返しているような。
話題欠乏、生活困窮、意識混濁、四字熟語・・・・
わけが分からなくなってきた。


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
えっ、コダックが経営破綻!
しりませんでした。
やっぱりフィルム離れのせいですか…。
たこりん
2012/01/21 22:58
たこりんさん
こんにんちは。
世の中でデジタル化が進む中、フィルム以外
の化学事業などをリストラしてしまい、業態
の転換ができなかったことで、事業転換が成
功した富士フィルムやコニカミノルタと明暗
が別れてしまったようです。
時代の流れを見失えば、大企業といえども大
変なのですね。
yasuwan
2012/01/22 13:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
記憶の町 灘南の写真2 モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる