モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 警備隊長の誕生日

<<   作成日時 : 2009/11/01 02:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ついこの間まで「もうすぐ誕生日やなあ」などと言っていたのに、
直前になってうっかり忘れてしまっていた。
一昨日、10月30日は、我が家の警備隊長(シーズー ♀)の誕生日だった。

警備隊長が生まれた場所は、すぐ近所のお宅だった。
子犬をもらってくれない?という奥さんの言葉に、僕たちは驚き、とまどった。
彼女はシーズーという犬種である。
その頃、我が家でも犬を飼うことを考えたことはあったのだけれど、シーズーは想定外だったからだ。
しかし、とにかく生まれたばかりの子犬たちを見せてもらうことになった。
子どもたちは、見る前からワクワクであった。
むくむくころころとした数匹のモルモットくらいの子犬を見たとたん、子どもたちは「我が家へ引き取る」モードのスイッチが入ったようだった。
我が家にすすめられたのは、「ピンク」と呼ばれたメスの子犬だった。
ピンクのタグが付けられていた。
「ピンク」が一番かわいい、と奥さんたちが口々に言った。
どの子犬もみな可愛かったが、たしかに「ピンク」は整った顔立ちをしていた。
背には、白地に濃い茶色の大きな斑があり、右目の周りが真っ黒だった。
9割方その時に決まったようなものだった。
1、2日の間をおいて「ピンク」は我が家が引き受ける旨を伝え、母犬から離してもよくなるまでは預かってもらうことになった。
「ピンク」の名前は、「みるく」に決まった。

「みるく」は、1999年12月の初めに我が家にやってきた。
最初の夜、彼女はケージの中で遅くまで鳴いていた。
それまで居た場所と違う家に連れてこられて、恐かったし心細かったのだろう。
しかし、みるくの快進撃は、すぐに始まった。
初めて犬を家族に迎え入れた我が家は、みるく中心に回ることになった。
元気があり余っていてコロコロ動き回るので、ハイハイを始めた赤ん坊よりも大変である。
なんでもかんでも口に入れないように注意が必要だし、食事にも保温にも気を配らなくてはけない。
しばらくして歯が生え始めると、玄関の手すりの下部、食器棚の下部、リビングボード、食卓、椅子などは、彼女にかじられてハゲチョロケになってしまった。
歯が生える時は痒いので、硬いものをカジカジと噛んでまぎらわすらしかった。

みるくは、順調に大きくなっていったけれど、ある時から体調の異常が現れるようになった。
血尿が出るのだ。
病院で検査してもらうと、原因は結石で、先天的に石ができやすい体質だと言われた。
それ以後、結石予防のため、彼女は食事制限と薬の摂取が欠かせなくなった。
特別な日にだけ、少しだけ肉などがもらえるようになっている。
椎間板ヘルニアや乳腺腫瘍もわずらったけれど、おおむね元気で過ごしてきた。

10歳という年齢は、人間でいえば56歳くらいだそうである。
ということは、僕より少し年上ということになる。
まだまだ元気だけれど、当然人間より老化スピードは速い。
いつまでも元気でいてほしいので、これからはもっと健康に気をつけてやらなければいけないと思っている。

我が家の警備隊長みるく(シーズー ♀ 10歳)に関しての
僕の覚え書きにすぎない長々とした文章を読んでくださり、ありがとうございました。
警備隊長は、1ヶ月に1回くらいの間隔でブログをアップしております。
そちらの方には、彼女の写真が載っておりますので、ぜひ見てやってください。
ブログ名は「警備隊長なのワン」です。
よろしくお願いいたします。

このブログに掲載する写真は、今日の文章とはまったく関連性のない光景で、あい済みません。
神戸・モトコーの一場面です。


画像





よろしければクリックを
blogram投票ボタン


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
警備隊長の誕生日 モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる