モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 西灘 as 王子公園(本文とはあまり関係ないタイトル)

<<   作成日時 : 2014/04/20 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今でもあるんやな、と昨日ふと気付いた阪急王子公園駅西改札口の学生専用出口。
何と呼ぶのか知らないが駅員が入る改札口の箱も昔から在ったよな。
僕らの頃はパンダの絵は描かれていなかったし、横の自動改札もなかったけどね。
おまけに駅名も今とは違って、西灘ってゆーておりました。

上の方にかけてある「学生専用出口」の表示板には、この学生専用出口を利用できる学校の名前が書いてある。
有名女子校2校に続いて我が母校の名も記されていた。
昔は、書かれている学校の名前がもう1、2校あったような気がするけど。
よく見たら「制服着用の」と書いてある。
まあ、当たりまえか。
制服を着ていなかったら学生専用出口を利用できる学校の生徒かどうか判別できないもんね。

だけど、僕が通っていた高校には、当時は制服が無かった。
僕は、その日の気分によって私服で登校したり学生服(制服じゃないのでこれも私服みたいなもんですが、標準服とか呼んでいた)で登校したりと、適当でお気楽な高校生でありました。
そうすると、私服の日は一般の改札を通っていたのだろうか。
このルールを守らなければ、朝の「学生専用出口」は無法地帯になっていただろう。
いや、しかし、ただでさえ朝の鬱陶しい時間帯に僕のように気の利かない高校生が、私服の時は一般の改札を通るなどという細やかな配慮ができていたかどうか疑問だ。
きちんと使い分けていたのだろうか。

今となっては別にどうでもいいことなのだけれど、どうしていたのか。
まったく思い出せない。

ホントにどうでもいいことだけれど、
ふと気になったことが思い出せないとイヤなのである。
気になってその後に尾を引くからダメなのだ。

それでも、今日は書いているうちにまあいいやと思えるようになってきた。
まあ、いいや。

という王子動物園にパンダもコアラもいない時代、
昭和40年代末から50年代初め頃、「王子公園」に駅名が変わる以前の西灘駅にまつわる僕の高校時代のことを書こうと思ったのですが、全然思い出せないまま、ただただ行数ばかり無駄に重ねて参りました。
申しわけありません。
以後も気をつけません。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西灘 as 王子公園(本文とはあまり関係ないタイトル) モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる