モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夏の暗室の夢(妄想 ハーフ判カメラ) 

<<   作成日時 : 2013/08/13 01:03   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、’向日葵のように明るくて、線香花火のように儚気な夏の恋’ みたいな写真を載せようと思ったのだけれど、手持ちの何処を探してもそんな写真は見つからないのだった。
ま、あたりまえか・・。


猛暑が続く今日この頃、密閉空間の暗室なんぞにホントは入りたくはないのだが、あえて暗室作業に手を染める。
このちょっと自虐的なプレイに自己満足を覚える。
3年ほど放ったらかしにしていたネガフィルムのうち20本を、まとめて現像した。

先日、ヨドバシカメラにフィルムと印画紙の1ガロン用現像剤各1袋と定着液1本を発注したら、それぞれ別の便で送られてきた。
発注時に、「入荷順に出荷」という欄に間違えてチェックを入れたことが原因のようだ。
運送会社は儲かるかもしれないが、エネルギーの無駄にしかならないと思うので、次回の発注からは、「一括発送」を指定しようと思う。

ハーフ判用の引き伸ばし機の中古レンズをネットショップで見つけ、購入を迷っていたら売り切れてしまった。
すぐに買っておけば良かった、と後悔している。

僕は、6、7年前から、昔のハーフ判カメラを使ってきた。
ハーフ判は、フィルムの感光面積が通常の35mm判の半分のフォーマットである。
したがって、フィルム1本あたりの撮影コマ数が倍になっちゃううれしい仕様だ。
フィルムフォーマットが小さくなる分、35mm判よりも大伸ばしプリントでは不利だが、現在のフィルムは解像度が高く粒状性も良く、A4版程度に伸ばした印刷では、まったく問題ない。

デジタルに押されてフィルムカメラは衰退し、フィルムも暗室用機器・用品も価格がかなり上がった。
なので、フィルム1本でたくさん撮れるハーフ判は、財布に優しいのだ。

問題は、カメラの後継機がないことだ。
現在、製造販売されているハーフ判カメラは皆無である。
僕が使っているオリンパスペンは、40年以上昔のモデルだ。
最近は、フィルムが正常に巻き上げられず、コマが重なってしまうことがある。
セレン式の露出機構は、現在もきちんと働いてくれていてありがたいが、もういつ作動しなくなっても不思議はない。
僕は、ドキドキしながら老カメラのシャッター釦を押し続けているのだ。

というわけで、経済的なハーフ判カメラを新たに発売してくれるカメラメーカーがあればうれしい。
老舗のオリンパスやリコーがやってくれれば、飛びついて買いまっせ!

と思っていたら、気持ちが通じたのか、ネットのニュースサイトで、

なんと、オリンパスペン ニューハーフ
28mm(35mm判相当)F2.8レンズ、AF、絞り優先AE+プログラムAE、内蔵ストロボ

じぇじぇじぇっ!!
ニューハーフ!?
なんちゅうネーミングするねん。
しかし、ほしいなー

と思っていたら、なんと、さらに、リコーオートハーフGR1
こちらも
28mm(35mm判相当)F2.8GRレンズ、AF、絞り優先AE+プログラムAE、内蔵ストロボ

じぇじぇじぇっ!!
伝統のGRレンズ搭載やん。
オートハーフとGR1の合体か!
ええなー、これもええなー

どっちにしよーかなあ、困ったなー、と悩んでいると、汗が出てきた。
ペンも使いやすいし、しかしGRレンズは魅力やしなー、イヤー困った。
どっちも片手でスナップやり易そうやしなあ、うーん。
しっかし、暑いなー、うーん、どっちが・・・

うーん・・・

・・・えっ? メチャクチャ暑いやん、なんで?
何で真っ暗なん、ここどこや? ・・・

・・・あっ!

暗室の中で、目が覚めた。
二重のダークカーテンで密閉状態の暗室の中は、サウナ状態。
フィルムを現像タンクに詰める作業をやっていた僕は、いつのまにか意識モウロウとなり、幻覚を見ていたのだ。
幻覚というより、願望が高じての妄想か。
みなさんも、この夏の暑さには、くれぐれもご注意を。

それにしても、ハーフ判のフィルムカメラの新製品、ホントにどこかのメーカーが発売してくれんかなー。
フィルムカメラの復活トレンドになったりして・・ ならんかな。


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真夏の暗室の夢(妄想 ハーフ判カメラ)  モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる