モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 「気分はグルービー」は、やっぱりイイ

<<   作成日時 : 2011/11/13 05:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

秋、深し。

「あきふかし」と入力し、スペースキーを押したら
「秋吹かし」と変換してくれるMacの"ことえり"の
アホなところと頼りないところが自分みたいで、
腹立たしいやらいとおしいやら。

"「気分はグルービー」第13巻の表紙 憲二と寿子のその後"
を見つけて、このブログを訪れてくれる人が少なからずいて、
ありがとうございます。
僕も「気分はグルービー」について書かれたサイトに出会うと、
お邪魔して楽しく読ませていただいております。

そういえば、
"気分はグルービー"がアニメ化されないかなあと、ずっと思ってきた。
ケンジやヒサコの魅力を損なわないキャラクターデザインで、原作に
忠実な物語展開で・・と。
ファンとしては夢を抱き続けてきたのだが、現在までその気配はない。
高校生の飲酒、喫煙シーンが多いのでTVアニメ化は無理だったかも
しれないけれどOVAで、といっても今ではもう無理か。
ヒサコの声を聞き、動くヒサコを見たかった
 ・・と、おっさんが書くと、なんだかヤラしいな。

アニメ化どころか、原作単行本の復刊も現在のところない感じだ。
今でも魅力あるコミックだと思うのだが、残念である。

それに加えて、
プロのドラマーとして旅立ったケンジと大学へ進学したヒサコの
その後を描いた続編も読みたい、などというのも、
1ファンのわがままだろうか。

"気分はグルービー"の実写版映画やドラマは、あまり想像したく
ない(製作されないだろうが)。
小説と違って、マンガは登場人物の絵柄が決まっているので、
実写化した場合、キャストや構成が相当に練られていても、
原作から得たイメージとは違ったモノになりやすい。
そんなことでがっかりするのが嫌だからだ。
同じくバンドを描いたマンガ"BECK"には実写版映画もあるが・・。

"BECK"には「桃子先生」や「何度も見る同じ夢」のように、
"気分はグルービー"を元ネタとしたらしい設定がある。
僕は、"BECK"は原作よりアニメを観たのが先だったが、
なんとなく似ている部分があるなあと思っていた。
ある時、ふと思い立って”気分はグルービー”で検索したら、
"BECK"への影響について書かれた方のブログに出会い、
それを読んで、「おお、そうなのか」と納得したのだった。
じつは、僕はこのことをきっかけとして、"気分はグルービー"を
約20年ぶりに読み返すことになったのである。

というわけなのですが、
"気分はグルービー"は、やっぱりイイ。
今日は、それだけを書きたかったのであります。
"気分はグルービー"を全く知らない方、興味がない方には、
申しわけない、スミマセンです。


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
拝見しました。
私もこの漫画どっぷりハマリました。
描かれてる寿子が本当に可愛くて、ストーリーが終わるのが辛かった!
作者の佐藤さんがこの後作品がなかなか描けなくなっているようですが、「幸せなその後」が読みたい気がします。
koryu
2011/11/27 10:41
koryuさん
コメントありがとうございます。
寿子の心がいじらしかった、
終わりでありながら新たな始まりだった最終回。
どうしてもふたりのその後が気になりますよね。
佐藤宏之さん、続編待望!! の声に応えて
くれたら嬉しいなあ。

yasuwan
2011/11/27 22:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
「気分はグルービー」は、やっぱりイイ モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる