モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜店

<<   作成日時 : 2011/08/14 15:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近の当ブログで参照数が目立って多い記事は、
『大阪・中之島へ 森山大道写真展』(8月5日)と
『「気分はグルービー」第13巻の表紙 憲二と寿子のその後』
(6月1日)なのだけれど、後者が2ヶ月かけて到達した数値を、
前者が、1週間であっさり抜いてしまった。
多くの人が森山大道氏の写真展に関心を持っていることがわかる。
ただ、僕の記事には肝心の写真展についての情報が少なく、「検索
でヒットしたから見にきたのになんやねんこれは」とがっかりした方が
多いのではないかと、思ったりしているところであります。

さて、1週間遅れの話になるけれど、8月6日の土曜日のこと。
灘区の水道筋の夜店の手伝いに加えてもらって、大学生のお二方と
共に、射的屋の店員をつとめてきた(ときっぱり言うほどたいした仕事
はしていないのだが)。
『真夏の夜のアーケード 夜店大通り 2011』がこのイベントの正式名。
7月23日、30日、8月6日の3週連続で催され、僕は最終日の手伝い
に参加したのだ。
僕の幼い頃のきらびやかで楽しい思い出、水道筋の夜店。
かつて水道筋では、2と7がつく日に夜店が催されていたそうである。
僕は、はっきりとは覚えていないけれど、色とりどりの菓子やいろんな
おもちゃやお面、花火、輪投げ、パチンコ、金魚すくい、などの屋台が
ずらっと並んだ御伽の国のように華美な光景に胸を躍らせ、端から端
まで全ての店で買い物できたらすばらしいのになあ、と思っていた。
そんな夜店がいつ頃から消えてしまったのかも知らなかった。
現在、商店街が『夜店大通り』としてよみがえらせ、盛況である。
大勢の人が訪れ、大人も子どもも楽しんでいた。
僕も、真夏の楽しい夢を提供する側に参加できた。
そして、夜店のわくわく感を思い出すことができた。
そんな夜店から早くも1週間が過ぎ、お盆である。
もう、残暑となり、秋がやってくるのである、ウソみたいだけれど。


夜店の写真は撮っていないので、その夜店が催された水道筋商店街
で2002年9月に撮った写真を。


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夜店 モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる