モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月のスナップ日記

<<   作成日時 : 2010/12/13 01:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

先週の水曜日、些細な用事があって神戸・三宮へ行った。
三宮と言っても税関前の近辺だったので、
帰り道は、ルミナリエの会場である東遊園地の中を通ってみた。

昼間だったので円形に立ち並んだ電飾の白い枠が見えるだけで、
点灯されて光っている時とは違い、趣はあまりない。
東遊園地では、まるで正月か十日戎みたいにすごい数の露店が
開店準備の最中だった。
僕は、ルミナリエを観に行ったことは三度あるが、こんなに多くの
露店が出ていることは、これまで全然知らなかった。
世の中は知らないことだらけで、
自分の視野が、行動範囲が狭いのだなあと、ふと思う。

税関前の歩道橋を渡って港の方にも行ってみた。
冬の斜光線が建物の壁を照らしていたので、写真を撮ってみた。
そんな風景や倉庫に向けて5回ほどシャッターをきった。
たぶんプリントしないだろうに、と思いながらだ。
この日は、撮っていても手応えがない感じだったのだ。
しかし、こんな時に撮った写真の方が、後でフィルムを現像してみると
、案外いいなと思うカットがあったりする。
結局、それほど撮りたいと思ったものはなかったのにフィルム1本を撮
って、もう一度歩道橋を渡り、東遊園地を抜けて阪急三宮に戻った。
都会を早足で行き交う人々は、皆何かしらの目的を持って歩いている
のだろうけれど、何もない僕は、とりあえず駅周辺でフィルムもう1本
のシャッターをきってから、電車に乗って帰った。

話は変わって、
コンビニでペーパーバックのマンガが売られている。
先日、その中に「みゆき」と「ナイン」があるのを見つけた。
1970年代の終わり頃から80年代前半に読んだ、懐かしいタイトルだ。
帰らざる青春の日々への郷愁を心に抱いた40代後半から50代前半の
の男どもをターゲットにした商売だなあと思う。
どれほど売れているのかは知らないけれど、
復刻版だから元手はかからないし。
作者もウハウハだろうなあ。
うらやましい。
そんなことを思いながらも、僕も「みゆき」を1冊買ってしまった。
家の本棚には、コミックスも揃っているのに。
奥付を見ると、初版は2001年、今年で第4刷となっていた。
9年前既に発行されていて、増刷もされていたのだ。
たいしたもんだ。

話がまた少し変わって、
それにしても、電子書籍というメディアが急速に幅を利かせてきて、
印刷・製本・流通の形が変わっていくようだ。
もちろん編集・制作も、表現者や発信者も。
「出版」の変化に注目の現在なのである。

師走も中旬である。


画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この写真、好きです。

こういう写真、好き。

たこりん
2010/12/14 02:26
たこりんさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
撮影会や撮影教室は順調ですか。
クリスマスコスチュームのわんこの写真、いいですね。

めっきり寒くなって、年の瀬が近づいてきて、
一年過ぎるのは早いですね〜。

僕もこの写真好きです
(自分の写真だから、まあ、あたりまえなんだけど ^ o ^ )
これはめずらしくデジタルで撮りました。
yasuwan
2010/12/14 14:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月のスナップ日記 モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる