モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 僕と写真

<<   作成日時 : 2010/05/09 19:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

僕が撮る写真も、語る言葉も、自分のものではなく、
誰かからの借り物である。

風に吹かれると、何か遠いむかしのことを思い出しかけて、
懐かしいような、不安なような、切ないような気持ちになる。
その気持ちと、吹いた風を含めてその時僕が居る場所の風景が、
なぜ結びつくのだろうか。

僕は、「なぜ」かを知りたいし、見たいと思う。
その場所に思い出や記憶があるかどうかは関係ない。
カメラは、瞬間的には僕よりも良い視力があり、
フレームに入ったものを頓着なしに写し撮るので、
うまくいけば「なぜ」が写るかもしれない。
見えないものと言えば語弊があるけれど、
その時は認識できなかった「なぜ」が見られるかもしれない。
写真をよく見ればもっと想像力が働いて、別の記憶が蘇ったり、
新たな何かを予感できるかもしれない。
そういう期待(下心)があって、僕は写真を撮っている。

しかし、そんなことは新しい試みでも何でもなく、
既に多くの人がやってきたことである。
だから僕の写真は、借り物なのである。
また、撮った写真が上に書いたような期待に応えていれば
まだいいけれど、そうでない場合はつまらない。

新しい写真(こと)をやらなければというあせりはあれど、
手が進まず途方に暮れているのである。



画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
僕と写真 モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる