モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しいMac

<<   作成日時 : 2010/04/14 03:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年末に故障したPowerBook G4に代わる新しいMacを、
先週、ようやく、購入した。
そのことを、うれしそうに書こうと思っていたのだけれど、
さっきアップルから届いたニュースメールを読んで、
ショックを受けた。
Core iシリーズを搭載したMacBook Proが発売されたのだ。

この数ヶ月の間新しいMacを買わずにいたのは、
Core iシリーズを積んだ新機種を待っていたからだった。
しかし、1月末にiPad発表のみ、3月は何の発表もなかった。
その間、丈夫でけなげなiMac G3は、OS XとAdobeのCSを
動かして頑張ってくれたが、RAW現像はできなかった。

これ以上待つと仕事にも影響があるし、
大学生の息子も使用するということで、
Core i搭載機をあきらめ、Core2Duoで妥協して
(Windowsでは、今やCore i5あたりが旬だというのに)、
先週アップルストアに発注し、日曜日に届いたばかりなのだ。

幸い、今回購入したのは、MacBook Proではなく、
最廉価機種のMac miniだったから、まだ救われた。
もし、Mac miniのモデルチェンジだったら、怒り狂っていた。
もちろん、早晩Mac miniにもiMacにも、Core iプロセッサを
搭載してモデルチェンジをするだろうけれど。

今回は、写真用に少しいい液晶モニタが欲しかったので、
ノートタイプのMacBook Proではなく、Mac miniを選んだ。
哀しいかな、最高峰のMac Proを買う余裕はない。
モニタは、Adobe RGBカバー率98%のNECの25.5型にした。

ソフトウエアも、経済的な余裕がなくて更新できないので、
PowerPC時代のAdobe CSをRosettaで動かすことにした。
Version Cueが動作しないみたいだけれど、
PhotoshopもIllustratorも動作した。
Photoshopの処理速度は、まだわからないけれど、
PowerBook G4 1.5GHzより速いのではないか、と
ちょっと期待している。

アップルの発表より1日前の月曜日、
アドビもAdobe CS5の発売を発表した。
CS2からCS4までは、アップグレード価格で購入できたけれど、
それでも10数万円するので、更新していなかった。
CS5になり、CSからのアップグレードはできなくなった。
Design Premiumというグレードで249,900円だ。
たしか、6年前にCSを買ったときも同じくらいの価格だった。
ヨドバシのポイントが一気に増え、なんだか得したような
気になっていた(メデタイやっちゃ)。

というわけで、アップルからの突然のCore i搭載機種の発売で、
なんだかなーと、ちょっと虚脱状態に陥った感じだけれど、
新旧のハードとソフト織り交ぜて、昨年末以来、ようやく
まともな写真ワークができる環境に戻りつつあるところだ。

読み返してみると、
今回は、なんだか英文字が多くて読みにくい。
すべてアップルとアドビのせいである ^ o ^;


ひとつ前の記事のドイツの写真に、
おだまささんからコメントをもらったので、
気分を良くして調子に乗って、もう一度ドイツを。
場所は、ミュンヘンのカールス門だったと思うけれど自信はない。
自分がヨーロッパの街を歩いていることをなかなか実感できず、
肉体と意識が乖離しているような感じだった。
目に飛び込んでくる光景も状況も消化不良のまま、
シャッターを切っていた。

写しとめた時は、夢のように遠くなってしまった。
モノクロームフィルムわずか6本ほどのドイツ。
もう一度行きたいと思うけれど、
現在のところ機会がない。



画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新しいMac モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる