モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜の撮影 実施編

<<   作成日時 : 2010/04/06 11:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日、桜を撮りに行った。
場所は、先週ロケハンに行った武庫川左岸だ。
国道171号線の甲武橋の東詰から、堤防上を北へ約2km上った辺りである。
武庫川に合流してくる天王寺川の左岸の公園に、
500m程にわたって桜が植えられている。
その南半分は、左右に植えられた並木で、満開時は桜のトンネルになる。
陽射しが出てきた午後、
「今日を逃せば、もう散り始める」と、急いで出かけた。
久々に大きなデジタル一眼レフカメラの登場だ。

1週間前とは、まったく違ってうららかな春の日だったけれど、
カメラバッグと三脚を下げて自転車に乗るのは、
現在、五十肩の僕には無理である。
現地には駐車場がないので、家に居た息子に運転を頼んで車で出掛けた。
先週、みそれやあられ、向い風と格闘しながらペダルをこいだ道のりも、
車だと10分足らずだ。
帰路も迎えに来てもらうことにし、いざ、と公園に足を踏み入れると、
花見のグループが数組いた。
土、日曜日は、夙川などは相当な人出だったようで、
花見と言うより人見だけれど、
平日のこの場所だと、静かにゆっくり桜を楽しめる。
撮影もこの程度の人影ならば、そう問題はない。
週末の花見客が残していったらしいゴミが多少残っているけれど、
他と比べたら少ない方だろう。
風が、早くも満開の花びらを散らし始めていた。

久しぶりの風景撮影だったので、
偏光フィルタのアダプタやアングルアダプタを持っていくのを忘れたり、
まるで初心者である。

僕が使っているカメラは、ニコンD3というけっこう高価なやつで、
撮像素子が、通常のデジタル一眼レフ(24x16mm APS-Cなどと呼ばれる)
より大きい35mmフルサイズフォーマット(36x24mm)タイプである。
これは、銀塩の35mmフィルムとほぼ同じ大きさなのだ。
僕は、このD3で、銀塩カメラ時代から所有しているレンズを使ったことが
あまりなかったので、昨日はそれらの評価テストも兼ねていた。
仕事の撮影では、軽くて持ち運びし易いAPS-C用レンズを使うことが多く、
せっかくの35mmフルサイズフォーマットを使い切っていなかった。

時折日が射す、曇りがちの空の下、数カットは満足できるものが撮れた。
レンズのテストでは、80-200mmF2.8の望遠ズームに、銀塩の時にも
わずかにあった解像感への疑問を感じたことなど、全てのレンズが
満足できる結果とならなかったものの、まあまあ良かった。
以前、モデルハウスの撮影の時に、借りて使った新型のレンズは、
解像感もコントラストももっと良かったけれど、
追々買い足していけるよう頑張るしかない。
それにしても、機材に関しては性能よりも軽さ・小ささを気にする僕が、
レンズ性能の評価をやるのはホントに珍しいことで、自分でも驚いている
(定性的でも定量的でもない直感的なテストだけど)。
後は、撮った写真が売れてくれればうれしい。

今日も、桜の撮影に行くつもりだ。

一応、このブログにはモノクローム写真を、と考えているので、
昨日撮影した桜のカラー写真ではなく、別の写真を載せる。


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
武庫川の桜もきれいですね。
そんな穴場があるなんてしりませんでした。
でもやっぱり車が必要か〜。

人が多いとどうも集中できないし
なかなか引きの写真はとれませんよね。

あっ、写真展ですが4月19日から大阪市役所のロビーに展示されます。天王寺動物園の前園長さんが企画されたもので、私は写真教室に通い始めた頃の写真を出します〜。そのあと通天閣に展示される予定です。
たこりん
URL
2010/04/07 16:28
たこりんさん

電車の駅から遠い場所ではありますが、
武庫之荘駅からだと、近くの宮の北団地までの
市バスが使えます。
付近に駐車場がないから、車はちょっとね。
まとまった数の桜がある場所は、ありそうでなかなか見つかりませんね。

写真展、見に行かせていただきますね。
市役所と通天閣に展示、いいですね。
yasuwan
2010/04/07 20:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
桜の撮影 実施編 モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる