モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 「月刊島民」Vol.15掲載のお知らせ

<<   作成日時 : 2009/10/01 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

昨晩、ひさしぶりにブログを更新しようとしたらできなかった。
23時から今朝の11時までメンテナンスのため、
記事の作成や編集ができないと告知されていたことに気付かず、
22時過ぎからのんびりと書き始めたら、公開しようとした時には、
もう23時を過ぎてしまっていた。

で、書き直しである。
昨夜は、9月の雨などと書いていたけれど、その部分は破棄した。
今日から10月なのである。
10月ともなれば、そろそろ「年末」という言葉がちらちらしてくる。
来年の手帳なんかも売り出されて(9月に、もう売られていたけど)、
街を歩いていてそんな光景を見ると、急にせわしない気分になる。
みなさん早々と来年用の手帳を買って、予定を書き込んでいくのだろうか
(だとしたらすごい、と思っているのは僕だけか)。
僕はと云えば、今年は変えてみてもいいかなと、ちょっと店先で手に
取ってみたりするけれど、結局12月初め頃に毎年同じ手帳を買っている。

こんなことを書いていると、あっという間にクリスマスも大晦日もやって
来そうな気がして、気が滅入る。
時間があまりに速く過ぎていくのはもったいない、というよりも、
時間の流れに乗っていけないのろまな自分が嫌なのかもしれない。

さて、本日の本題です。

先月、大阪・中之島の街事情マガジン「月刊島民」に、取材していただいた。
「シマは絵になる」というテーマのページで、絵筆やカメラで中之島の風景
を追う人たちとその作品が紹介される。
その中のひとりとして載せていただくことになった。
編集者の140Bの松本さんは、深くはないが決して短くもない中之島と僕の
関係と写真についてのとりとめのない話を熱心に聞いてくださった。
今年わりと頻繁に通っている、中之島の西の安治川で撮っている写真の話や、
生まれ故郷の灘への思いとの関連も含め、僕の話は、酔っぱらいの呟きの如く
あちこちに飛んでしまったけれど。
掲載号はVol.15。
本日、10月1日発行です。
よろしければ、いや、ぜひご覧になってくださいませ。
「月刊島民」は、京阪電車の主要駅やキタ界隈の書店やキタ以外にも
いろいろな場所で配布(無料)されています。
中之島についての深い話が、面白くて、ためになります(たぶん)。
京阪電車中之島線のウェブサイト「シマへ行こう」でも読むことができまする。

月刊島民で紹介していただいた中之島界隈の写真と、今年の始めから撮った
安治川を、同じ川沿いの街ということでまとめてみようと思い、
ホームページのmonochrome・syndromeのギャラリーページに、
「川沿い」を追加した。
こちらもどうぞご覧ください。

画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
読者はあくまで月刊島民編集部と
思っていますから、140Bの名前を出すのはどうかと・・・・と思いますな。
140Bにご迷惑ではありませんか?
通りすがりのものですが、
ご忠告申し上げます。
みみどり
2009/10/05 18:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「月刊島民」Vol.15掲載のお知らせ モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる