モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国・讃岐 金比羅さんへ

<<   作成日時 : 2009/09/23 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

四国の琴平、高松、鳴門に行ってきた。
瀬戸大橋からの風景を楽しみ、金比羅さん(金刀比羅宮)にお参りし、
讃岐うどんを味わうという日帰りの旅だった。

出発は、午前4時。
瀬戸大橋に達した時は夜が明けていたので、日の出を見ることはできなかった。
車の窓からは、橋の構造物に視界の半分くらいが遮られるけれど、
早朝の瀬戸大橋上から眺めた瀬戸内海の風景は、十分に美しかった。

午前中の早い時間帯だというのに、琴平の町の駐車場は混んでいた。
昭和の残り香漂う通りの美容院や商店をスナップしながらぶらぶら歩き、
金比羅さんの参道の階段は、最初は両側の土産物屋の店先をひやかしながら、
途中からはあえぎながら上った。
僕としては、珍しく一眼レフカメラを、それも重いニコンにズームレンズを付けて首からぶら下げていたものだから、だんだんと首や背中がだるく、そして痛くなってきて、まいった。

メインイベントの讃岐うどんは、目的の店があったのだけれど、そこに到着した途端、駐車場から店の入口まで続く席待ちの長蛇の列が見えた。
その店はあきらめて、以前入ったことがある店に行った。
結局、そこで天ぷらとこしのある麺をゆっくり堪能でき、かえって良かった。

その後、高松で散歩をし、鳴門の桟橋で釣りをしていたおばちゃんに
サビキの竿を貸してもらってイワシを釣り、大鳴門橋から小さな渦潮を見、
明石海峡大橋のイルミネーションに喝采の声をあげ、戻ってきた。
帰路の第2神明と阪神高速が渋滞していたので、舞子からは一般道をスイスイと、西宮まで全行程500kmあまり、途中で夕食をとって午後10時過ぎに帰着。
少々へばりながらも、駆け足の旅を楽しむことができた。

  今日は、銀塩モノクロームではなく、デジタルカラーで。


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しそうな家族旅行ですね。
いつまでも仲良し家族でいられるといいね。
かな
2009/09/26 00:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
四国・讃岐 金比羅さんへ モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる