モノクローム・シンドローム

アクセスカウンタ

zoom RSS 元町高架下(モトコー) - 神戸 -

<<   作成日時 : 2009/09/18 11:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

僕が元町の高架下、モトコーへ初めて行ったのは、30数年前だ。
高校生の頃、僕が元町高架下に行くときの目あては、テレビやステレオアンプなどの電気製品の中古品、再生品の店やジャンク屋だった。
家電品に混じってちらほらと中古無線機類も売られていて、それらを見て歩くのが楽しかったのだ。
その頃は、市場では日本製の無線機が幅をきかせていたが、ごくたまに一昔前のアメリカ製のアマチュア無線用無線機などが高架下の店の奥に置いてあったりして、Collinsなどというメーカーのロゴを見つけるとわくわくした。
アメリカのTVドラマを観て、50年代〜70年代のアメリカの匂いのするものに憧れていた。
タイプライターやジュークボックスや英文のカタログや雑誌だとか。
無邪気だったと思う。
高架下に数多くあったわけではないが、行けば時々そんなわくわくするものを見ることができた。
現在も高架下へ行くと、わくわくするものを探して歩いている。

その頃の高架下には、外国(アジア系)のお客をよく見かけた。
外国人客は、電気製品の中古品や再生品の店で値交渉をしていた。
現在では、外国人船員が、船から市街に上がってくることが少なくなったのだろう。
それに各国の生活水準が上がり、ネットとデジタル家電の時代に日本で中古品を買う必要もなくなった。
ラジカセやコンポを物色している外国人客を見なくなった。


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
長文拝読いたしました。
多忙なカメラマンのお仕事の傍ら、一生懸命書かれているのには頭が下がります。
ひろ
2009/09/22 16:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
元町高架下(モトコー) - 神戸 - モノクローム・シンドローム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる